正しいニキビ化粧水の選び方

ニキビ化粧水選びのポイント
ニキビ化粧水選びには、2種類のポイントがあります。1つは肌の保湿を助ける保湿成分と浸透成分が配合されているか、そしてもう1つはニキビの炎症を抑える抗炎症成分が配合されているかです。また、ニキビの跡が残ってしまった場合はビタミンC誘導体などニキビ跡に有効な成分が配合されているかも確認するといいでしょう。

ニキビの予防・改善に役立つかということと、自分の悩みに合った成分が含まれているかを基準にニキビ化粧水を選ぶと、より早くニキビを治すことが出来ます。

ニキビにオススメの化粧水

商品 商品詳細

定期価格:4,242円
内容量:1ヶ月分
保湿・浸透成分
抗炎症成分
ニキビ跡成分

リプロスキンは手軽に始められるニキビケア商品です。化粧水一本でニキビ予防・炎症抑制・ニキビ跡のケアが出来るので、ニキビが出来た後のケアに重宝している方も多い商品。

 リプロスキンの詳細はこちら


定期価格:1,944円
内容量:1週間分
保湿・浸透成分
抗炎症成分
ニキビ跡成分

ビーグレンは昔から人気のあるニキビ化粧品。皮脂を取り過ぎない洗顔料、抗炎症成分を含む化粧水、ビタミンCを含む美容液で、ポイントを押さえたニキビケアができます。

 ビーグレンの詳細はこちら


定期価格:1,260円
内容量:3週間分
保湿・浸透成分
抗炎症成分
ニキビ跡成分

洗顔料・化粧水・保湿液の3点セットが入ったニキビ化粧品セット。オルビスのニキビ化粧品は「ストレス」「保湿」「漢方」の3つをテーマに作られています。

 オルビスの詳細はこちら

肌をゆるめて浸透力を上げる化粧水「リプロスキン」

ニキビのできにくい肌をつくるには、「リプロスキン」という化粧水がおすすめです。「導入型柔軟化粧水」と呼ばれるこの製品は、まず固くなった角質をやわらかくほぐし、ホメオシールドや低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸と言った保湿成分を肌の内部にまで届けられるように、肌のコンディションを整えます。

さらに、この化粧水には酵母エキス・イソフラボン・アロエエキス・ゼニアオイエキスといった美肌成分も配合され、潤うだけでなく、キメの整った肌へと導いてくれます。洗顔後、たっぷりと手に取ったリプロスキンを、肌になじませるように丁寧につけていきます。乾燥が気になる部分には、重ね付けがおすすめ。約1か月後にはプルンとした肌へと生まれ変われるはずです。

ニキビ化粧水は悩みと成分で選ぶ

ニキビが出来やすい肌環境だと、何度ケアしても治りにくいのが特徴です。ニキビは皮脂が過剰に分泌されている脂性肌だけでなく、乾燥肌にも多く見られます。大人ニキビの場合は脂性肌よりも乾燥肌の割合が多く、肌の乾燥がニキビの大きな原因になっています。

そこで大切なのが肌の保湿です。しかし、ニキビケアとして保湿化粧水を使ってもニキビの改善には直接つながりません。ニキビの原因を予防することは出来ますが、ニキビにアプローチする成分は含まれていないので、ニキビが自然に治るまで待つことになるためです。

酷い思春期ニキビに悩まされて

私は思春期の頃、例に漏れずニキビに悩まされていました。特に頬や額にたくさん出来ており、それはそれは汚い顔をしていました。当時の写真を見ると、非常に顔がぶつぶつとしています。そんなニキビを改善しようと、ニキビの洗顔に力を入れるようにしました。ニキビに良いとされる洗顔クリームと皮膚薬を購入し、使いました。ですが、中々効果は現れず、ニキビは出来ていく一方です。当時はニキビに関しての情報をあまり持っておらず、とりあえず洗顔と薬を続けていれば良いという思いで居たからダメだったのだと思います。思春期が終わるまで、ニキビは出来続けました。それまでにも様々な洗顔クリームを試しました。当時は化粧水や乳液で肌を整えるという習慣が無かったため、ニキビは出来続けたのでしょう。高校を卒業し、進学を期に化粧水などを使ってみようと思い立ち、それらを使ったところ、見る見るニキビは治っていきました。もっと早くに化粧水を使っていたら、ニキビで卑屈な思いをして高校生活を過ごすこともなかったのにと、非常に後悔したのを覚えています。大人になった今でも、ニキビというよりは吹き出物が出来ますが、毎日肌の手入れをしているので、昔ほど酷くありません。黒酢サプリ,相互リンク研究会,野放図|相互リンクSEO-P-Link ver3.5