暑い日に車売る

最近暑いです。
暑いときは、車を売るチャンスです。

暑い時には、夏ボーナスと言うやつがきますね。
これで、車の頭金にして買う人がいます。

この時期に合わせるように車を売ると、査定額が高くなります。

そして、9月は、4月の新生活の次に新生活が多くなる時期なので、それなりに査定額も高くなります。

だから、夏の暑い日に車を売るのはいい時期なんです。
あと、夏の暑い日に査定に来てもらうと、いいことがもう1つあります。

それは、査定員が暑くて、頭が回っていないので、傷などを見逃して、査定額が減らないのもいいところです。

暑いと思考回路が落ちますから、マイナス査定になるところを見逃してしまうかもしれません。

なぜなら、早く査定終わらせて、クーラーの付いた車に戻りたいからです。
なので、うまく営業して、車を出来る限り安く買おうとする業者の営業も弱くなります。

思考回路が働いていないので、営業も身が入りません。

これであなたが有利に動けます。

夏の暑い時は、車の査定をして、売るにはいい時期です。

それも冬の寒いときより、夏の暑い時のほうが、暑いので、エンジンがかかりやすく、調子もいいことが多いです。

だから夏売るのはいいんですね。

ただ、クーラーもちゃんとチェックするので、夏にクーラーが壊れているとマイナス査定が付く可能性もあります。

そのへんは、充分に注意してもらいたいですね。
この夏の暑い時にあえて車を売って、お盆や夏休みの旅行代にするといいですね。

業者からふんだくって有意義な夏を過ごしてくださいね。

中古車屋の探し方

中古車屋の探し方は簡単ですよ。
近所を歩いて見つければいいだけです。

近所になければ、タウンページに載っています。
それだけで見つかります。

ちなみに、オートバックスも中古車があります。
オートバックスに行って、1回車を査定してもらったことがあります。

中古車屋を探すのは、こんなに楽なんです。

あと、ガリバーとは調べればいいです。

ガリバーなら、その店においてなくても、ほかの店舗の情報も入り、車を持ってきてくれます。

だから、いろんな車を選べます。

また、地方都市の国道に行くと、中古車屋ばかりならんでいるところがあります。

案外都会より多いんではないかと言うくらいあります。
そんなところを練り歩いてみるのもいいのではないでしょうか。

中古車屋は、集まったところにあるのも1つの鉄則です。

まず、都心にはありません。
都心なら車の来るのが大変だからです。

地方に行くと、交通手段は、車なので、中古車屋もそこに集まります。

田舎すぎるとありませんが、地方都市の国道は交通量も多く、来客も絶えません。
だからたくさんあります。

欲しい車がどんな車かあなたは、ある程度決めているはずです。

だから、近所なる中古車屋にフラっと行っても、ありません。
複数の業者を見ないといけませんね。

ネットやグーの雑誌を見るのもいいですね。
いっぱい載っていますから。
グーとかなら、あなたが欲しい車も載っています。
それが遠すぎると泣きそうですが、近かったらラッキーですよね。
そこから探せば問題なしです。

中古車屋うまく探してくださいね。

中古車買う時の注意点

中古車を買うときには、いろいろと注意が必要です。

なぜなら、中古だからです。
以前使っていた人がどんな使い方をしていたかによって、中古車の良し悪しが決まります。

運転もあまりせず、安全運転をしていた車であれば、安心ですよね。

運転も町乗りが多いと、機器の消耗が激しいことも!

逆に高速道路が多く、安定した走行をしていた。そのため年式が浅くても、走行距離が長いなんてこともあります。

また、雪国や海の近くだと、塩の影響で錆びやすくなっています。

特に雪国では、凍結防止剤などの塩分が強いものが道にまかれているので、錆やすいのです。

こういったことから、中古車の選び方っていろいろ大変です。

気にしだしたら止まりません。

なので、まず、中古車を選ぶ時には、車種を決めましょう。
そうすることで、選択肢が非常に狭くなります。

選択肢が広いと、迷います。
あれにしよう、これにしよう。
選んでいるうちに車を買わない。

いつまでに必ず車が必要なら、ギリギリになって選んで、その車が気に入らないなんてこともあります。

だから、車種と値段ですね。これを絞れば、選択肢が狭くなります。

その中から、一番良さそうな車を選ぶことが大切です。

お昼ごはんとかだと、牛丼とうどんどっちも食べたいなら、なか卵や松屋やうどん屋で両方食べることができます。

しかし、車は、ワゴンRがいい、フィットがいい、どっちも欲しいと言っても、1つしか買いません。

だから、迷ってしまうんですね。

そんな時には、車種だけでも決めることが大切です。

あとは、いざ見る時ですね。

外見や車内は、ちゃんと見ると思います。

ここで重要なのが、表からは見えない部分です。

まずエンジンは元気なのか!
これは、確実に知りたいですね。

そして、車の裏ですね。

タイヤはちゃんといているか。
これは、ダメでもタイヤだけ買えばいい話ですけどね。

そして、車の機器に錆がないか!

これも重要ですね。錆だらけだと、今後の修理代がかさんでしまいます。

そのへんはチェックすべきポイントです。

この見えない部分に関して、徹底してみてくださいね。

外見に傷があるよりも、見えない部分のほうが、車本体に関わる大事な部分です。
必ず見てくださいね。

中古車を選ぶ際の注意点を挙げました。
まず車種を決める。
見えない部分も確実に見る。

この2点を守れば、いい感じの車が必ず買えます。
いい車選んでくださいね。

廃車業者とのトラブルを防ぐために確認すべき3つのポイント

廃車手続きを業者に依頼して、後々トラブルになった…というケースは少なくありません。誠実な業者さんがほとんどですが、稀に悪徳業者が存在するのも事実です。多発しているトラブルとその原因を理解しておき、確認をしっかり取っておくことで、相手の業者に対する抑止力を働かせ、無用なトラブルを避けることができます。
そこで今回は、廃車業者に依頼する際、後々のトラブルを防ぐために確認すべき3つのポイントをお伝えします。
まず1つ目のポイントは、「手数料が有料か無料か」という点です。
実際に廃車を依頼すると、ディーラー・業者によって手数料がかからない場合もあれば、有料で行う場合もあります。もちろん、廃車手続きをするための人件費、陸運局での印紙代など、手続きにお金はかかっているのですが、そこに自社の利益を上乗せして手数料として請求される場合も少なくありません。もちろん事前に有料だと納得した上で依頼するならいいのですが、無料でやってくれる業者も少なくない中、当然無料だと思っていたら後から請求がきた…ということでは納得がいきませんよね。そこで事前に、手数料がかかるかどうか、かかるとしたらどれくらいかかるのか、ということを確認しておくことをオススメします。
廃車業者に依頼する際、後々のトラブルを防ぐために事前に確認すべき3つのポイント、2つ目は「見積もり時の金額の内訳」です。これは見積もりを取った際にしっかり確認すべきポイントです。
廃車手続きの費用、車両に値段がつく場合の買取査定の金額など、金銭に関するトラブルは後を絶ちません。見積もり時に提示されていた金額と最終金額が異なる、という事態が発生するのは、見積もり時に金額の細かい内訳を把握していないためです。提示された金額に廃車の費用が含まれているのか、車両自体の買取金額はいくらなのか、自動車税等の還付金は含まれているのか…など、細かい内訳を確認しておきましょう。特に自動車税の還付分は、廃車を依頼した側に当然戻ってくるべきお金ですが、知らない間に手続きをして、そのまま受け取ってしまう業者も存在します。事前に念を押しておきましょう。
3つ目は、「名義変更がきちんとされているか」という点です。高値で買い取ってもらえても、満足せず、その後の手続きがきちんとされているかを確認することが大切です。
たとえば、廃車を依頼した業者から廃車の証明書が届いたか、名義変更がきちんとされているか、といったことは、最低限確認しておく必要があります。ひどい場合には名義変更がされずにそのまま放置され、翌年の自動車税の請求がまた届いたり、車検が切れたまま放置されて、警察から車両を引き取るよう連絡がくることも…。
依頼する前に、廃車の証明書をきちんと発行してくれるか、買取の場合には名義変更後の車検証を受け取れるのか、よく確認しておきましょう。

愛車を安く買い叩かれないために活用したい3つの防御策

愛車を売るときには、なるべく高く売りたいなぁ…と考えるのが人情ですよね。しかし、取引相手である買取業者は、1年間に推定1000件以上の車買取査定をしているその道のプロ。商売ですから、当然「できるだけ安く買い取って、できるだけ高く売ろう」と考えて査定に臨んでいます。一方私たち売り手は、年に数回車を売るか売らないか…という程度のド素人。単純に考えて、かなうわけがありません。
もちろん、良心的な買取業者も存在します。しかし最低限、愛車を不当に安く買い叩かれないために、車を売る私たち自身も防御策を張る必要があります。そこで今回は、愛車を安く買い叩かれないために活用したい3つの防御策をご紹介します。
1つ目の防御策は、安易に出張査定を依頼しないことです。
ほとんどの業者が「無料出張査定」のサービスを展開しています。非常に便利なサービスなのですが、利用する場合はよく考えて利用する必要があります。
業者側の立場から考えてみると、無料の出張査定はネットや電話での査定より大幅に経費がかかります。業者としてもリスクを取っているので、査定をするために来るというよりは、車をその場で買い取るつもりで来ます。そのうえ、無料の出張査定にやってくる営業マンたちは、「その場で安く買い取る」ための営業トークを磨いた買取のプロ。素人ではなかなか太刀打ちできません。営業トークに流されて損な取引をしないためにも、安易な出張査定は依頼しないようにしましょう。
2つ目の防御策は、査定時にその場で契約をしないことです。
出張査定にやってくる営業マンたちが繰り出す営業トークとして、「今、この場で契約してくれれば、この価格が出せる。1日経ったら相場が変動するので、この価格は出せないかもしれない」というものがあります。しかし、そのように提示された価格が最高価格である保証はどこにもありません。むしろこのような言葉で「緊急性」「限定性」をアピールし、不安と欲を煽って即決を促すのが彼らの営業の手法なのです。
車を売る際には、査定時にその場で契約を結ぶのではなく、冷静な頭で数社の見積もりを比較し検討するようにしましょう。
3つ目の防御策は、業者側の買取提示価格の証拠を残すことです。
査定をしてもらい、合意した金額を後日確認したところ、「相場が下がった」「上司に確認したらダメだと言われた」等の理由で価格を下げられた…というケースも、まれにですが存在します。これは、他の買取店に見積もりを取られないように口頭で高い金額を言っておいて、話がまとまってきた段階で口約束を反故にする…という手口です。こうしたケースを防ぐためにも、書面にしてもらうか、それを拒否される場合にはボイスレコーダーで録音するなどして証拠を残すようにしましょう。
いかがでしょうか。こうした防御策は、車の買取に限らず、日常の様々な商取引や交渉事においても有効です。決して業者の営業トークに流されず、賢い選択をしていきたいものですね。

愛車を高く売るために、最低限知っておくべきポイント

せっかく愛車を買取に出すならば、できるだけ高く売りたいもの。しかし、車を高く売るために一括査定に申し込んでも、最終的には何となく買取業者に言いくるめられたような印象を抱いたまま取引を終える人も多いのです。車の買取は相場が決まっていないため、同じ車でも業者によって買取額が20万~30万近く前後するということも少なくありません。それだけに、車の買取での失敗は避けたいものです。
そこで今回は、愛車を高く売るために、最低限知っておくべきポイントをご紹介します。
そのポイントとは、複数の業者に現車の見積もりを依頼することです。
まず大前提として、一括査定サイトなどに登録して複数の業者の査定を取るようにしましょう。これは、愛車を買取に出す際の基本です。
問題はその後。査定サイトで一番高く査定をしてくれた業者にのみ現車査定を依頼する…というやり方では、複数業者をコンタクトを取った意味がありません。多少面倒にはなりますが、現車査定も複数の業者に依頼することがポイントです。
車を売却する際には、一括査定サイトで複数の査定を取るだけではなく、現車査定も複数の業者に依頼することがポイントです。
さらに言えば、最もオススメなのは、同時に複数の買取業者を呼び、査定してもらうことです。失礼にあたるのでは…などと思う人もいるかもしれませんが、むしろ一括査定では当たり前のことです。複数業者が現車を査定した場合、価格競争が起こるため、通常ならばマイナス査定するような項目もけん制し合って見逃す場合があります。マイナス査定をされる場合でも、マイナス幅が低くなる場合があります。
相手は車を安く買い取るプロです。「提示している価格は、即決していただける場合のみの特別価格」「今決めてもらわなければ、数時間で相場が変動してしまう場合もありうる」「他社よりも絶対に安い」といった営業トークで、その場で契約を取ろうとしてきます。しかし、こうした業者の査定額が最も高い、ということはほぼありえません。それよりも複数の業者に現車見積もりを依頼することが賢い選択となります。
いかがでしょうか。こうした心がまえを知り、なるべく高く愛車を買い取ってくれる業者を探しましょう。

ワゴンRの廃車をする前に

ボロイワゴンRでも廃車が無料になるんですってね。

とあるサイトを見ていると、10年以上使われているワゴンRも無料で引き取ってくれるサービスがあるんですって。

廃車だと、廃車手続きなどで、お金がとられる。そして、持って行かないとダメだと思ってたんですが、そうでもない様子です。

ワゴンRに限らずどんな車でも無料で引き取ってくれます。
事故車もOKみたいです。便利なサービスですね。

ただ、実に怪しいです。

でも、とあるサイトででは、その理由もちゃんと説明されていました。

それは、解体して部品を売る。海外に売り飛ばされるなどして利益をとるんですって。

へーーーすごい。

そんなビジネスもあるんですね。

船なんかも昔、日本で使われていたのが、中国に行くなんて話しも聞きますもんね。

電車はタイとかにいくらいいですよ。
テレビで埼京線の205系がべトナムかなに行っていました。

タイは、キハ181系か
ディゼルカーですね。
特急はまかぜなんかに使われていた電車です。

とちょっと電車オタクな一面がでました。

どんなにボロイワゴンRでも、自分で廃車をすることなく、無料で引き取ってくれるサービスがあるということです。

もうこのサービスがあったら、査定の付かない、廃車しかない車も手間なくすぐ廃車できますね。

もう自分で廃車にしに行くのが馬鹿みたいです。

その手間があるから、こんな便利なサービスがあるんですね。

車の持ち主も車を持って行く側にもwin-winな関係が築ける素敵なサービスです。

でも、やはり、廃車にする前には、査定もしておく必要がありますね。
とあるサイトのワゴンRの廃車が無料になる方法でも言っていました。
廃車にする前に一か八か査定に出してみるべきと。

そうですよね、今ならネット無料査定が簡単にできるんだから、やってみたらいいんですね。

無料だし。

それで売値が付いたらラッキーすぎる。
おいしい料理を食べに行くことができます。
実際ボロイワゴンRでも査定が付くことがあるみたいです。

廃車にする車もうまく売りさばけば、お金が儲かる。楽に手放せる。

最近は便利な世の中になりました。
次に車を買わなくても、下取り以外で、車を手放せる素敵すぎです。

こういった無料のサービスをうまく使って、ワゴンRをうまく手放してくださいね。
そして、愛車との別れも惜しんで、第二の人生を見送ってあげてください。

ワゴンRの廃車が無料になる方法でもう少し詳しく紹介されています。

中古車屋さんはぼったくりでも儲からない

中古車査定に出した車。

たとえば、30万円であなたの車が売れました。
そうしたら、いくらで、中古車販売店で売られると思いますか?

40万円くらいでしょうかね。

いやいやもっと高いですよ。

かなりぼったくってますね。

中には、こことここは部品の疲弊する走行処理なので、部品を取替えます。

輸送費が!

などなどで、たとえ50万円で売られていても、70万、80万円になってしまいます。

30万円で売った車が、70万円で売った。
倍額以上で売っていますね、

ぼったくりですね。

でも、これも中古車会社に限ったことではありません。

本なんて数十円で買い取ったものを数百円で売りさばいています。

30円で売ったのに100円で売る、3倍ですね。

中古系ってけっこう値段を上乗せして販売しています。

これが稼ぎの仕組みですね。
こうしないと、会社が成り立たないからでしょうけどね。

ちなみに新車の原価はいくらだと思いますか?

私も知りません。

ただ、30%~60%くらいでしょうね。

売り物の原価率はこの間くらいが多いです。

本は原価80%ですけど、売れ残ったら、出版社が買い取るので、原価率が高いです。

飲食店の原価は30%くらいにしないと稼ぎがないらしいです。

要は、材料費です。

そこから、ガス代なども発生!
廃棄することもあるでしょうから、30%くらいじゃないと利益がでない。

車は、どうだか知りませんし、製造したメーカーがそのままメーカーの販売店で売ることが多いので、原価は低いと思われます。

普通だと、仕入先を挟むので、ここで、値段が上がってしまいます。

たとえば、野菜は、農家が直接スーパーなどの小売店におろすことは少ないです。

中央卸売り市場に持っていかれ、そこから小売店へ行くはずです。

車の場合は1つ挟まないので、販売店の利益はけっこうあります。

だから、割引なんかもできます。

まあ、割り引いた分は、オプション代などで取り返せるんですけどね。

話を戻します。
中古車販売店はものすごいぼったくりをしているように思えます。

しかし、商売の鉄則から言うと、それが普通です。

原価50%以下で手に入れ売る感じですね。

30万円の車を40万円で売ると、利益は10万円です。

利益10万円の車を売り、それで黒字にするのは大変です。

車は毎日何十台、何百台と1つのお店で売れるわけでないので、1台で多くの利益が必要になります。

だからあなたの車、思ったより査定額が付いていなくても、中古車販売店に行くと、思ったより高い価格で売っています。

これは、ぼったくりではなく。商売の鉄則です。
それでも、中古車販売店の利益は限られています。
だから、ぼったくりだけど、儲からないというように言うこともできるのです。

軽トラ廃車にしたい

軽トラってけっこう乗られてますよね。中古車屋さんにも売っている気がします。

軽トラって、田舎などに行くと、農業で使われていて、すごく古くなっている車とかイメージします。

いったい何年乗ってんだ!

なんて思うことも!

ということは、軽トラを廃車にしたいと思っている人も多いはずですよね。

軽トラは、普通の車と一緒で、廃車以外にも、車を買い替えるなら下取り。

中古車とした販売するなら、買取をすることができます。

もし、農場でポンコツになるまで乗っていたら、買取は難しいですね。

すごく汚いんですもん。

表面の汚れとかも査定に入りますからね。キレイな車が売れます。

だからと言って廃車にするのも、手続きが大変です。
まあ、車を買い替えるなら、下取りという手もありますね。

これなら、値段が付かなくても、タダで廃車してくれます。

ほかにいろいろありますよ。
軽トラのサービス。
もし売るなら、軽トラ専門の査定サイトみたいなのもあります。

廃車にするなら、廃車を無料ですることができるサイトなんかもあります。

廃車にするにしても、あなたの手を煩わせることはないのです。

その分、仕事に精を出すことができます。

軽トラも普通の車と一緒でいろいろサービスがあります、
軽トラって手軽に買えるし、販売台数も多いので、いろいろ手立てはあります。

軽トラって軽自動車でしたっけ?
そうしたら、普通の車としても価値がありますね。
軽トラは庶民も買えるので、重宝しますしね。
いろんな方法で処分ができます。
だから、あなたの軽トラに合った方法で売るなら売る。廃車にするなら廃車にすると決めてよいのです。

ものすごく田舎でなければ、販売店もあるはずです。
田舎でも、最近はネットで無料査定ができるので、軽トラも無料査定できるはずです。
くわしくはサイトを見てもらうといいですね。

ぜひとも、一番簡単でお金の入る方法で軽トラを手放してくださいね。

ハナテン中古車センターおすすめです

家の近所にあるハナテン中古車センター。中古車売るなら、おすすめですね。

大阪ではけっこう大手なので、安心です。

本社は放出と書いてハナテンと呼ぶ駅から10分ほどの距離にあります。

住所は諏訪という住所ですが、ハナテンです。
8710という電話番号なので、ハナテンなんて話もあります。

まあ、どうでもいい話は置いておきまして、ハナテン中古車センターはいいですね。

ほかにも、トヨタのT-UPとかもいいですね。あとガリバーもいいですね。

他アップルだっけかもいいですね。

でも本当にいいのは、地元、地域密着型。ハナテン中古車センターもどうですね。

値段も大手より高いこともあります。大手は利益を取ろうとするので、買取価格が安くなることもあります。

大手のバックボーンで、買取価格を安くしてもうまく言って、その値段で売らせます。

大手の方が査定額も高く、中古車も安く売ってくれるんではないかと思いますが、逆のことも多いです。

大手なので、有名。するとなんも調べなくて、車をうってしまう人は、大手に売っちゃうんですよね。大手だから。

そして、大手は利益を取りたい願望が強いです。いろいろ難癖つけて安く買い取ろうとします。

しかし、ハナテン中古車センターのような地域密着型は、人と人のつながりが大切です。

一度顧客になってくれた人は、リピートする可能性があります。

また、中古車を買うときや友達が中古車を買うときには、そこの店、対応よかったよーなんて口コミも発生しますよね。

大手は数さえ集めればいい!という感じです。
ただ、中小は、うまくしないとお客さんも売ってくれいません。

その分値段の交渉。値段でどうしても交渉できない場合は、なにかサービスを提案して、なんとか買おうとします。

特に欲しい中古車ではそうですね。

そうしないと、売ってくれる人がいません。
大手にみんな売っちゃいますから。

だからこそハナテン中古車センターなどの中小の業者にも車の査定をしてもらうのがいいです。

スーパーでもイオンより、そこらへんの八百屋のほうが安く買うことが出来ます。

イオンなどのスーパーで安いのは、集客商品とプライベートブランドです。
ここに関しては、利益をどがえしするのと、自社で製造しているので、コストが安くなるから安いです。

他の商品はあまり安くないなんてざらです。

しかし、八百屋だと、イオンより質のいいものを安く買うことも可能です。

これは中古車業者も一緒です。
地域密着型の方が高く売れる。
高く売れなくても、サービスが良い。

そうでないと残っていけません。
だから、ハナテン中古車センターもおすすめねんです。